2010年02月08日

銀行融資の最新情報を知りたい人は他にいませんか?

不動産投資の鬼門というか関門の一つは銀行融資です。

せっかくいい不動産を見つけても銀行が融資をしてくれなければ

不動産を手に入れることはできません。

しかし、銀行の融資情報は一般に世に出ることはありません。

銀行の融資姿勢がどうなっているかは、ベールに包まれたまま。

ただ銀行の融資担当者が知るのみです。

一般の人が融資判断基準を知る由もありません。

しかも、銀行の融資姿勢は常に変化しています。

もし、何らかの幸運があり銀行の融資判断基準を知ったとしても

もう過去のものであり、今は使えないということが普通です。



「敵を知り己を知れば百戦して危うからず」

中国の故事にもあるこの言葉は、対銀行でも同じことが言えます。

銀行は「敵」ではなく本来はあなたの味方なのですが、

銀行のことを知らずに銀行と接していると、銀行は「敵」に

見えてきてしまいます。



でも銀行が何を考えどう審査しているのかがわかれば

対処もしやすいというものです。

では、一般の人が銀行の融資判断基準を知るにはどうしたらいいのか?

直接銀行員に聞いても彼らには守秘義務があるので教えてもらえません。

しかしそのような状況で、銀行融資の最新情報を知る唯一の方法があります。

それは、融資を受けた人の情報から推測するというものです。



そこで、融資を受けた方にインタビューしその方がどうやって融資を

受けたのかを聞きとることで、銀行の今の融資姿勢を情報として

毎月配信しているのが。

「月刊 アパートローン最前線」

です。


「月刊 アパートローン最前線」では、毎月不動産を買った方に

インタビューしてその人がどのように銀行と交渉したのかや、

その話を元になぜ銀行から融資を受けることができたのかを

解説しています。

また、銀行から融資を否決された方にも話を聞き、なぜだめだったのかを

聞くこともあります。

融資実行事例を蓄積すればするほど、どう銀行と対峙していいのかが

感覚としてわかるようになります。

また、私のもとに集められる毎月の融資実行情報から

どの銀行が融資をしたのか?具体名も情報提供しています。


また、ご購読いただいた方には特典を差し上げてします。



特典その1.「現地調査チェックシート」

不動産をたくさん見ることで目が養われると言うけれど、
何を見たらいいのかわからない。
こういう声をよく聞きます。
そこで紙1枚で不動産の見るべきところを外観のほか、
法令上の問題も確認できるチェックシートを差し上げます。
これは、私が担保物件調査する時に不動産に問題がないかを確認するのに
実際に使っていたものを使いやすいようにアレンジしました。
これ1枚で不動産のチェックが完了します。



特典その2.「不動産売買契約書、法令解説集」

不動産購入ではいろいろと覚えなければいけないことがあります。
知らなかっただけで大きな損を被る可能性すらあり得ます。
一番重要だけど詳しく勉強する機会の少ない売買契約書と
建築基準法の不動産売買に特に関係のある部分を解説した用語集を
差し上げます。




特典その3.「融資担当者との想定問答集」

融資担当者はお客様にいろいろ質問します。
そこにはある意図が隠されています。
その答え次第では、受けられる融資も受けられなくなってしまうことすら
あります。
例えば、
「どうしてうちに相談にきたのですか?」
この質問。
答え次第では融資担当者のあなたを見る目が変わります。
答えは何だと思いますか?
私が実際にお客様に質問していた項目と質問した意図を解説し
融資担当者が求めている答えをお教えし、
融資担当者の印象をよくするようにします。





期間限定特典.「属性診断サービス」

銀行からの融資で、属性が大きなポイントだと言われます。
しかし自分の属性は一体銀行からどう思われるだろうと
不安に思っている方も多いかと思います。
そこで、10年以上融資審査をし500億円以上融資してきた私小川が
お客様の属性が融資審査上どう判断されるのか?を診断いたします。
もし現在の属性が良くなかったとしても、そこをどう改善すると
銀行は評価するのかも併せてアドバイスします。


この属性診断サービスは2月10日(水)までにお申し込みの方が
対象です。





常に融資の最新情報を取ることが、不動産取得の早道です。

この機会にぜひお読みになってください。





お申込みはこちらからお願いします

 

詳しくは⇒アパートローン必勝マニュアル[AIR-AL]
posted by take at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

他力本願不動産投資実現マニュアル




不動産投資を始めたい!と思っても、
なかなか決断出来ないのは、なぜだと思いますか?


たしかにラーメン一丁注文するのとは、わけが違います。
金額が金額ですから。



私も権利収入への憧れは、どんどん強まって
不動産投資を夢見るようになっていたのですが


いつまでたっても「初めの一歩」が踏み出せませんでした。

あなたと同じです。




ところが、ある出会いから成功が始まりました。



そこから私が、成功した秘密をぜ〜んぶお話します。


詳細は下記リンク先のホームページにてご確認ください。

特典などのご確認も忘れずに!


詳しくは⇒他力本願不動産投資実現マニュアル



posted by take at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

榊淳司の中古マンション値引き交渉術【ノウハウ編】


●詳しくは⇒榊淳司の中古マンション値引き交渉術【ノウハウ編】


教材では、エリアの選定、物件選びの方法を順序だてて解説します。


ただ、どんなマンションに住みたいのかは、

みなさん一人ひとりのニーズが違うので

一概に「こういうマンションがいい」とはいえません。

ただ、10年、20年という長期スパンで見た場合

資産として有利な物件を選ぶためには、

どのようなことを基準にすべきなのか?

そういったことを、榊の視点から解説しています。


そして、掘り出し物的な優良物件・・・いわゆる「デモノ」と

出会うためには、どのようにすればよいのか?

実は「デモノ」と出会うためには、

それほど難しいワザを使う必要はないのです。


そのノウハウも分かりやすく解説しています。

値引き交渉を有利に展開するには、

中古マンションの基本的な取引の構図を理解しておいた方がいいでしょう。


誰から、


どのようなモノを、


どのような取引態様で、


いくらで、


買うか・・・ということです。

目次を紹介しておきます。

第1章 中古マンションの時代が到来

第2章 中古マンション流通の仕組み

第3章 希望エリアの選定

第4章 不動産業者の選定

第5章 中古マンションのチェック方法

第6章 買付証明を出して値引き交渉

第7章 交渉妥結し、契約へ

これだけのノウハウ、テクニックを伝授。

この【ノウハウ編】は、

値引き交渉のノウハウをご提供するものです。


●詳しくは⇒榊淳司の中古マンション値引き交渉術【ノウハウ編】


詳細はこちらからホームページでご覧ください。

特典などのご確認も忘れずに!


そのほかにお探しの方はカテゴリーから 一覧をご覧ください。
posted by take at 22:00| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新世代不動産投資】物置大家さんってすごいんです!レンタル収納スペース投資マニュアル


詳しくは⇒【新世代不動産投資】物置大家さんってすごいんです!レンタル収納スペース投資マニュアル





本日紹介させていただく商品は、ひそかにブームと

 なっている『レンタル収納スペース投資』についてです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 そもそもこのビジネス、初耳だという方も多いかと思います。

 ご覧になっているあなたも、そうかもしれませんね。


 1つ目の茅ヶ崎の物件は【1,770,490円】の収益。

 2つ目の小田原の物件は【284,304円】の収益。



 つまり、合計【2,054794円】の不労収入を得てしまっているのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 実はこの『レンタル収納スペース投資』、非常に歴史が浅く、正式な呼び名

 さえ確立されていません。それでもこれだけ稼げてしまっているのです。


 理由は簡単。このビジネスモデルが『育ち盛り』だから。




 競合が少なく、新規参入が容易なのです。

 ただ、これは『日本』に限った話ですが…




 たとえば、アメリカ。



 日本の25倍もの国土を誇るアメリカでは、2兆円産業で上場している

 専業会社があるほどです。

 諸外国では、すでにこのビジネスモデルは【常識】となっているのです。




 ◆ まだまだ需要があり、長期の安定した収入が継続的に見込める。

 ◆ 少額で投資ができ、利回りが高く初期投資額を早く回収できる。

 ◆ アパートを維持するような『設備費』を考慮する必要がない。

 ◆ 不動産を所有していなくても安い貸地を利用して投資ができる。

 ◆ 現場の移動ができる点も、リスクヘッジ(リスク回避)になる。




 上記のメリットに加え、数々のメディアからも注目を浴びています。

 今が先行者利益を得るためには良いチャンスなのかもしれません。


 このビジネスは『密かに知っている』ごく一部の人だけが実践しています。

 そして、実践した方たちは不労収入を得ています。




 知識なんていりません。

 必要なのは、勇気だけ。




 なぜなら、実際に経営者に会って話を聞いて、基礎から徹底的に学んだ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 新世代不動産投資のノウハウだからです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 決してただのド素人の投資ノウハウではありません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 副業で小遣いを稼ぎたいけど、そんな時間もない…

 継続的に、安定した収入を手に入れたい…



 最後までご覧いただき、ありがとうございました。


詳細はこちらからホームページでご覧ください。

特典などのご確認も忘れずに!


詳しくは⇒【新世代不動産投資】物置大家さんってすごいんです!レンタル収納スペース投資マニュアル





そのほかにお探しの方はカテゴリーから 一覧をご覧ください。
posted by take at 03:39| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

他力本願不動産投資実現マニュアル

詳しくは→ 
他力本願不動産投資実現マニュアルはこちらをクリックでホームページを確認できます。






あなたがこのマニュアルから得られることは

普通のサラリーマンが、不動産投資へ最初の一歩を踏み出すためのハードルを、どうやって乗り越えるか?
その答えを具体的な実践例から得ることができます。
収益物件を入手するための実行手順について、実際の体験をもとにリアルな疑似体験ができます。
物件入手後にどうすれば、ほとんど手をかけないで済むか?その具体的事例を知ることができます。
賃貸不動産経営を始めた後で起こってくる、様々な問題点について、どのように対処すればサラリーマン生活に影響がないかを学べます。
失敗した内容も、そのままお伝えしますので事前に気をつけるための転ばぬ先の杖にしてください。
遠隔地の不動産投資をうまく経営して行くために何をするべきか?がわかります。

サラリーマン大家さんの、身近な成功例である私の成功体験をもとにして
不動産投資を成功させ、あなたもぜひ権利収入を得てください。

ある書物を読んで発見した権利収入をモノにするための9個のポイントとは?お金を働かせる本当の意味がわかります。
サラリーマン不動産経営の8つのメリット
不況時だからこそ、強い不動産投資とは何か?
不動産投資の準備が整った状態とは?頭の中でイメージ出来ることとは全く違うのですが、それが何かわかりますか?
不動産投資をするならば、○○棟見なければならないという通説。そして実践して得られた答えとは?
競売物件の傾向と、考え方。
いわゆる不動産アドバイザーへ相談した結末。そして対応の現実。
「光速」収益不動産投資成功法との出会い、そこで得た確信とは?
「光速」収益不動産投資成功法をうまく使うコツとは?
「光速」収益不動産投資成功法で物件調査を行う秘訣と他力本願の本質。
自分の収支決算を作り、資産状況を確認して準備していく過程について。
物件を確認した実践内容と現地調査で必要なこと、気をつけるべき点とは?
立地条件を分析する。需要の数値を把握し、3つの距離を調べる。
不動産経営に付随してくる副収入のメリットとは?
購入物件との出会い、腹をくくって購入を決めた決断の内容。
物件買い付けの実施、必要書類と事前準備の内容を公開。
銀行で対応された内容とエピソード。
契約時のエピソード。さすがに手が震える瞬間。
融資結果の内容とエピソード。
リタイア可能な収入を手元にする手はずが整った状態とは?
自力本願の場合、どのような不安点があるのか?その注意点は?
避けられる苦労をしないで済む不動産投資の秘密。
管理会社の目線では見ることが出来ない部分を自分の目で補う。
習うより、慣れろ!のバリューアップ戦術。
サビ事件。管理会社の反応と対応例。
空室対策。管理会社へのアプローチ方法。
収入に直結する指示出しの仕方とは?
家賃を下げる判断について。需要のデータを取る
管理会社の口車に乗らない空室対策の判断とは?
駐車場対策で空室を埋める戦略を実行する。
不動産屋とのコンタクトで、空室対策を実施する。
長期修繕計画のスケジュール。
人間関係を作って他力本願を実施する。
収益不動産経営の真髄を実践して、自分の将来に備える。



普通なら不動産投資で儲けているリアルな買い付け情報や物件の確認、契約内容の実践を知ることは出来ません。

詳細は、他力本願不動産投資実現マニュアル は、こちらからホームページでご確認ください。

詳しくは→ 
他力本願不動産投資実現マニュアルはこちらをクリックでホームページを確認できます。



posted by take at 17:48| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。